スマートフォン版へ

【大阪杯】サリオス迫力リハ 松山「いい内容」堀師も合格点「準備整った」

  • 2021年03月26日(金) 06時01分
 「大阪杯・G1」(4月4日、阪神)

 19年朝日杯FS覇者のサリオスが、新コンビを組む松山を背に美浦Wで迫力のある動きを披露した。5Fで追走したパートナーに楽な手応えで2馬身先着。同期コントレイルへの雪辱とG1・2勝目へ、着々と態勢を整えている。

 文句なしの動きだった。サリオスは新パートナーの松山を背に美浦Wで併せ馬を敢行。カフェクラウン(5歳3勝クラス)を4馬身追走する形から徐々に差を詰めると、直線ではあっさりとかわして2馬身先着を決めた。5F65秒6-37秒8-11秒9の好時計を記録し、仕上がりの良さをアピールした。

 20年はデアリングタクトを史上初の無敗牝馬3冠に導き、21年も現在リーディング2位と絶好調の鞍上は、「道中は折り合いをつけて、最後は負荷もかけられました。仕掛けてからの反応も良かったですし、追い切りとしてはいい内容だったと思います」と初コンタクトで好印象を抱いた。続けて、「瞬発力などいろんなものを兼ね備えている馬だなと思いました」と素質の高さを感じ取っていた。

 動きを見守った堀師は「しっかり動けていたし、息遣いも良く、競馬の準備は整ったと思います」と合格点を与えた。マイルCS5着以来となるが、「太め感はないし、カイ食い、毛ヅヤ、体の張りなどの健康状態は良く、ウイークポイントの右トモの状態もこの馬としてはいい方です」と順調な調整ぶりを口にした。

 舞台は阪神芝2000メートル戦。鞍上は「コースは合いそうですし、いいイメージを持ってレースに挑めそうです」と本番を見据えた。皐月賞とダービーで苦汁を飲まされた宿敵コントレイルをはじめ、グランアレグリアレイパパレなど豪華メンバーがそろった一戦に、万全の態勢で挑む。

提供:デイリースポーツ

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す