スマートフォン版へ

【日経賞レース後コメント】ウインマリリン横山武史騎手ら

  • 2021年03月27日(土) 17時55分
中山11Rの第69回日経賞(4歳以上GII・芝2500m)は4番人気ウインマリリン(横山武史騎手)が勝利した。勝ちタイムは2分33秒3(良)。半馬身差の2着に1番人気カレンブーケドール、さらにクビ差の3着に2番人気ワールドプレミアが入った。

ウインマリリンは美浦・手塚貴久厩舎の4歳牝馬で、父スクリーンヒーロー母コスモチェーロ(母の父Fusaichi Pegasus)。通算成績は9戦4勝。

レース後のコメント

1着 ウインマリリン(横山武史騎手)
「最近この馬で良い騎乗が出来なくて、何とか良い結果を出したいと思っていました。内枠を引けましたし、逃げ馬を行かせて、折り合えればというプランでした。道中の折り合いは厳しかったですが、それでも最後はよく伸びてくれました。前に行って粘らせるタイプの馬なので、ゴール前は何とか残ってくれという気持ちでした。デビュー戦の時から良い馬だと感じていましたし、これからも順調に行って欲しいです」

2着 カレンブーケドール(松山弘平騎手)
「スタート良く好位で脚を溜めることが出来ました。早めに外から被されて、我慢する形になりました。最後は差を詰めてきたように、力のある馬だと思います」

3着 ワールドプレミア(石橋脩騎手)
「雰囲気が良かったですし、道中も落ち着いて走れていました。ストライドの大きい馬ですし、徐々に外に進路を求めるような形で、いい感じで3コーナーを迎えられました。上位とは斤量の差が出たと思いますが、とても上手に走っていたと思います」

5着 ジャコマル(田中勝春騎手)
「マイペースで行けました。しぶといです。毎回よく頑張ってくれます」

8着 ラストドラフト(三浦皇成騎手)
「途中からペースが落ち着いてしまいました。本当はもう一列前で競馬がしたかったです。馬は最後まで脚を使ってくれたので、もったいなかったです」

10着 シークレットラン(田辺裕信騎手)
「このクラスに入ってもう少し力をつけて欲しいです」

12着 ダンビュライト(松若風馬騎手)
「スタート良く好位でいつもの競馬ができました。4コーナーで上がっていきたかったですが、最後は手応えがなくなってしまいました」

ラジオNIKKEI

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す