スマートフォン版へ

小牧太騎手の長男・加矢太さん JRA障害専門騎手目指す 父も挑戦にエール

  • 2021年04月01日(木) 06時00分
 小牧太騎手(53)=栗東・フリー=の長男で、昨年の全日本障害飛越選手権優勝のキャリアを持つ小牧加矢太さん(24)がこの秋、JRAの障害専門の騎手を目指して受験することが分かった。

 もともと加矢太さんはジョッキーを目指していたが、骨の検査で不適正と診断され断念。しかし、障害専門の騎手であれば、体重55キロ以下なら受けられることが分かり、受験を決意したという。

 父の太騎手は「せっかく乗馬の全日本チャンピオンなんだし、彼自身もまだ若い。体重も55キロ。前例がないことだけど、チャレンジするのも面白いのでは、と。今は秋の試験へ向けて勉強中。1次試験はかなり難しいけど、ぜひ受かってくれたら。障害戦を盛り上げてくれたらうれしいね」とエールを送った。

提供:デイリースポーツ

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す