スマートフォン版へ

【JRA】史上2位タイの上がり31秒9、難波S3着のコマノウインクルが記録

  • 2021年04月10日(土) 23時32分
 10日の阪神10R・難波S(4歳上3勝・芝1800m)で3着だったコマノウインクル(牡4、栗東・庄野靖志厩舎)は、上がり3F31秒9を記録。

 JRAの芝1200m以上のレースでは、2018年月岡温泉特別(新潟芝1600m)3着のエルビッシュが記録した31秒8に次いで史上2位タイ。

 新潟競馬場以外では、2015年マイラーズC(京都芝1600m)7着のディアデラマドレが記録した31秒9(新潟では4回記録)と並び、史上最速タイとなった。

 また、レースの上がり3F32秒6も、芝1200m以上のレースでは史上5位タイ。阪神競馬場では2019年神戸新聞杯(優勝馬サートゥルナーリア)の32秒3に次いで、史上2位の速さだった。

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す