スマートフォン版へ

JRA史上初の女性騎手ワンツー!菜七子&まなみが決めた 23年ぶり女性3騎手対決も

  • 2021年04月11日(日) 06時05分
 10日の新潟7Rで史上初となるJRA女性騎手ワンツーが決まった。2番人気オパールシャルムが逃げ切り、藤田菜七子騎手(23)=美浦・根本=が6Rに続いて連勝。2021年JRA5勝目、通算130勝目を飾った菜七子は「理想通りの競馬ができました」と笑顔。ランランウイングで2着に続いた永島まなみ騎手(18)=栗東・高橋康=は「逃げたかったんですけど、うまくいかずに藤田さんの方が速かった」と悔しがった。

 この日は古川奈穂騎手(20)=栗東・矢作=も新潟に参戦。98年9月13日の中山2R(牧原由貴子、田村真来、板倉真由子)以来23年ぶり、JRA所属の女性3騎手による直接対決となった。実現した3、4、9Rでは藤田菜七子が14、11、12着、永島まなみが15、12、11着。古川奈穂が4、9、9着で、奈穂に“軍配”が上がった。

 後輩との対戦に、菜七子は「今までは一人だったので、新鮮でしたね。これが当たり前のようになると思います」と話し、「2人とも真面目なので、もう少しリラックスしてもいいのかな」とアドバイスも。これを受けてまなみは「憧れだった藤田さんとご一緒できて、うれしかった。尊敬する部分が多く、少しでも近づきたい」と声を弾ませていた。

 単独2位となる初Vからの5週連続Vが日曜へ持ち越しとなった奈穂は「少しお話しさせてもらいました。こういう機会を大切にしたいです」と大いに刺激を受けた様子だった。

提供:デイリースポーツ

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す