スマートフォン版へ

【英・グランドナショナル】“世界一過酷な障害競走”女性騎手R.ブラックモア騎乗ミネラタイムズがV/海外競馬レース結果

  • 2021年04月11日(日) 15時10分
 現地時間10日、イギリスのエイントリー競馬場で“世界一過酷な障害競走”と言われるグランドナショナル(G3・ハンデ・障6907m・40頭立て)が行われた。

 昨年は新型コロナウイルスの影響で史上初の中止、今年が173回目の開催となった。

 優勝したのは4番人気のミネラタイムズ(セ8)。鞍上のレイチェルブラックモア騎手は女性騎手としてグランドナショナル初優勝を果たした。

 6.1/2馬身差の2着に最低人気タイのバルコデスフロス(セ10、A.コールマン騎手)、さらに1.3/4馬身差の3着に2番人気エニーセカンドナウ(セ9、M.ウォルシュ騎手)が入った。

 完走は15頭。1番人気クロースキャップ(セ9、T.スクダモア騎手)など25頭が競走中止となった。

 ミネラタイムズ(Minella Times)は父Oscar(その父Sadler's Wells)、母Triptoshan、母の父Anshanという血統。アイルランドのH.ブロムヘッド厩舎の管理馬。通算成績は19戦4勝で、今回が重賞初制覇。

 2着のバルコデスフロスもH.ブロムヘッド厩舎の管理馬で、同厩舎は40頭中の3頭出しでワンツーを達成。アイルランド調教馬は上位5着までを独占した。

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す