スマートフォン版へ

【桜花賞結果】ソダシがレコードで無傷5連勝! 史上初、白毛馬のクラシック制覇!

  • 2021年04月11日(日) 15時43分
 11日、阪神競馬場で行われた桜花賞(3歳・牝・GI・芝1600m)は、好位でレースを進めた吉田隼人騎手騎乗の2番人気ソダシ(牝3、栗東・須貝尚介厩舎)が、直線に入って抜け出し、外から猛然と追い上げる1番人気サトノレイナス(牝3、美浦・国枝栄厩舎)をクビ差振り切り優勝した。勝ちタイムは1分31秒1(良、コースレコード)。

 さらに1/2馬身差の3着に8番人気ファインルージュ(牝3、美浦・木村哲也厩舎)が入った。なお、3番人気メイケイエール(牝3、栗東・武英智厩舎)は18着に終わった。

 勝ったソダシは、父クロフネ母ブチコその父キングカメハメハという血統。阪神JF以来のレースを見事に制し、昨年のデアリングタクトに続く無敗での桜花賞制覇を果たした。白毛馬によるクラシック制覇は史上初の快挙。また、鞍上の吉田隼人騎手にとっても初めてのクラシックタイトルとなった。

吉田隼人騎手のコメント】
 馬場に入ってゲートに向かう時もそこまでイヤイヤしていなかったですし、ゲート裏で回っている時の雰囲気もこの前より良かったです。厩舎スタッフのおかげでいい感じで(レースに)挑めました。

 ポジションが決まってからは馬と呼吸を整えました。(直線は)手応え十分で周りを確認する余裕もありましたし、最後は高速馬場なので分が悪いかなと思いましたが、馬の力に助けられました。

 プレッシャーはありました。話題だけで本当に強いのかという見方もありましたので、なんとか見返してやろうという気持ちでしたが、自分が思っている以上に馬が成長してくれていると思います。

桜花賞ダイジェスト>

スーパープレミアムコースでは全レースのフル映像のほか、各場毎のダイジェスト映像をご視聴いただけます

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す