スマートフォン版へ

【桜花賞】サトノレイナスまた2着 ルメール「18番ありがとうございます」

  • 2021年04月12日(月) 06時06分
 「桜花賞・G1」(11日、阪神)

 阪神JFのリベンジをかけて挑んだサトノレイナスはまたも2着に終わり、1番人気に応えることができなかった。

 先に抜け出したソダシターゲットに気迫の末脚を放つ。1番人気のサトノレイナスはラスト1Fから鋭く反応すると、矢のように伸びてライバルに肉薄。だが、首差に迫ったところが無情のゴールだった。鼻差で涙をのんだ阪神JFに続く銀。またしても白い影を抜き去ることはできなかった。

 「18番ありがとうございます」。レース後、ルメールはこう切り出した。大外枠だったことで、コースロスが生じた形。自虐的にあえて明るく振る舞う姿に、悔しさがにじむ。それでも直線16番手からメンバー最速の上がり3F32秒9を記録。並ではない力は、十分過ぎるほど見せてくれた。「いい競馬はしてくれました」。パートナーをねぎらった名手は「オークスに行きましょう」と続け、府中でのリベンジを誓った。

 国枝師は「敗軍の将、多くを語らず」と言葉を絞り出す。「枠が内であれば、ある程度のポジションには行けたでしょう。本質的にマイルはこの馬には忙しいですからね」。府中2400メートルを見据え、しっかりと前を向いた。末脚に磨きをかけ、樫の舞台で逆転を狙う。

提供:デイリースポーツ

みんなのコメント

【重要】コミュニティ健全化の取り組みについて

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す