スマートフォン版へ

【皐月賞】ダノンザキッド反撃 安田隆師“師弟タッグ”で大記録挑戦だ

  • 2021年04月13日(火) 20時25分
 「皐月賞・G1」(18日、中山)

 牡馬クラシック第1弾。昨年はコントレイルという断然の主役がいたが、今年はV候補の実力が接近しており、混戦ムードが漂う。

 月曜早朝。厩舎前で取材に応じた安田隆師は、ある一枚の写真を眺めながら優しい笑みを浮かべた。「あれからもう30年ですか」。91年の第51回皐月賞。騎手時代、1番人気の支持を受けたトウカイテイオーとコンビを組み“無敗制覇”を果たした。

 その後、調教師に転身。30年の時を経て、待望のクラシック候補が現れた。その名はダノンザキッド。昨年は新馬→東スポ杯2歳SホープフルSと3連勝を決め、JRA賞最優秀2歳牡馬を受賞。今季初戦の弥生賞ディープインパクト記念こそ3着に敗れたが、指揮官は「あれが本番ではなくて良かった」と敗戦にも前を向く。

 その真意はこうだ。「元来が叩き良化型。ぶっつけで臨んで、ああなるのは怖かった」。スローペースになり、猛追及ばず3着に敗れたが、あの敗戦は言わば織り込み済み。負けたことで「修正点が見えてきました。この中間、その課題をクリアしてくれています」と巻き返しへの手応えをつかんでいる。

 一度実戦を叩いたことで、期待通りに状態はアップ。1週前には栗東CWで併せ馬を行い、6F80秒3-36秒8-11秒7の好時計をマークした。「跳びが大きいので見た目にはスピードを感じませんが、いい時計が出ましたからね。順調に来ています」。反撃の準備は着々と進んでいる。

 “騎手&調教師”双方で皐月賞を勝てば、保田隆芳氏以来、史上2人目の快挙となる。信頼を寄せる川田との“師弟タッグ”で記録達成に挑む。

提供:デイリースポーツ

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す