スマートフォン版へ

【イノセントカップ 予想】一長一短の好メンバー!! 実績で抜きん出る2頭を脅かす穴馬は?

  • 2021年09月15日(水) 18時00分
 2歳重賞を予想するにあたって拠り所となるのは、他でもない世代最初の重賞、栄冠賞である。出走すること自体が登龍門であるこの重賞からは、今年も活躍馬が続々と輩出されている。4着だったシャルフジンがブリーダーズゴールドジュニアCを快勝すると、5着だったリコーヴィクターはサッポロクラシックCをレコードで制した。下位入線した馬の多くも当然のように巻き返しており、最下位だったカクテルライトも、岩手に移籍してわずか2戦で重賞ウィナーとなった。

 今回のイノセントカップには、そんな超ハイレベルだった栄冠賞の2着馬、3着馬が登場する。その2頭、プライルードレディーアーサーを中心視すべきなのは当然である。

 両者のどちらを上に取るか、この判断は難しい。どちらも田中淳司厩舎の馬であり、キャリアやローテーションにほぼ差異がなく、栄冠賞も同タイムでの入線である。違いが見られるのはレースパターンのみ。これもあくまで現時点での傾向に過ぎないが、プライルードは気持ちが前に出る先行タイプ、一方のレディーアーサーは道中でタメを作って末脚を生かすタイプである。少頭数で淡々とした流れが想定されることを踏まえ、筆者は前者にアドバンテージがあると見た。

 実績で抜きん出る上記2頭にも、隙がないわけではない。栄冠賞から3ヶ月近くレース間隔がひらいている点である。これが最後のひと踏ん張りや、あるいは追われてからの瞬間的な反応に影響を及ぼすケースは考えられる。そこで穴馬として浮上するのがエイシンシュトルムだ。1200mで初勝利をあげた4走前の内容は、重賞級と言って差し支えない。気性的な難しさが躍進を妨げているが、当時は逃げを打っての圧勝であり、今回その戦法を取れるようなら、近走以上のパフォーマンスを発揮する可能性がある。

 以下は、重賞こそ初出走でもキャリアは豊富なクラサーベル、不振続きだが栄冠賞出走歴のあるバウチェイサーなど、一長一短のメンバー構成だ。

(文:競馬ブック・板垣祐介)


みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す