スマートフォン版へ

【次走】桜花賞2着サトノレイナスが日本ダービー参戦!ルメール騎手が引き続き騎乗

  • 2021年04月21日(水) 10時30分
 11日の桜花賞(GI)で2着だったサトノレイナス(牝3、美浦・国枝栄厩舎)は、引き続きC.ルメール騎手とのコンビで、5月30日に東京競馬場で行われる日本ダービー(3歳牡牝・GI・芝2400m)に向かうことがわかった。

 サトノレイナス父ディープインパクト母バラダセール、母の父Not For Saleという血統。

 2歳新馬、サフラン賞(1勝クラス)とデビュー2連勝ののち、阪神JF(GI)と桜花賞はともに優勝馬ソダシとタイム差なしの2着だった。過去4戦はすべて芝1600m戦。

 牝馬の日本ダービー参戦は2014年のレッドリヴェール以来7年ぶりで、グレード制導入(1984年)以降、GI未勝利での参戦は初。

 歴代の牝馬の日本ダービー馬は1937年ヒサトモ、1943年クリフジ、2007年ウオッカの3頭。ウオッカ桜花賞ではダイワスカーレットの2着だった。

みんなのコメント

【重要】コミュニティ健全化の取り組みについて

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す