スマートフォン版へ

【JRA】シャケトラ、シングンマイケルなど物故馬219頭の法要を実施

  • 2021年04月27日(火) 18時26分
 JRAは東西両トレーニング・センター(美浦・栗東)に所属し、2019年および2020年に不慮の事故等により死亡した競走馬計219頭、ならびに無縁の物故馬に対してその霊を慰め、哀悼の意を表すため、4月16日(金曜)に法要を執り行ったことを発表した。

 なお、本年は新型コロナウイルスの感染状況に鑑み、最小限の人数で実施した。

【2019年度の主な物故馬】

シャケトラ(牡6、栗東・角居勝彦厩舎)
主な成績は17年日経賞(GII)1着、19年阪神大賞典(GII)1着、AJCC(GII)1着など。通算成績は13戦6勝。

ファンタジスト(牡3、栗東・梅田智之厩舎)
主な成績は18年小倉2歳S(GIII)1着、京王杯2歳S(GII)1着など。通算成績は12戦3勝。

マックスドリーム(セ12、栗東・宮徹厩舎)
当時のJRA現役最高齢の12歳馬で、ヴィクトワールピサエイシンフラッシュルーラーシップらと同世代。通算成績は47戦6勝(うち障害6戦1勝)。

タンタアレグリア(牡7、美浦・国枝栄厩舎)
主な成績は17年AJCC(GII)1着、16年阪神大賞典(GII)2着など。通算成績は15戦3勝。

アドマイヤエイカン(牡6歳 栗東・須貝尚介厩舎)
主な成績は15年札幌2歳S(GIII)1着、18年ステイヤーズS(GII)2着など。叔母に重賞4勝馬フサイチエアデールがいる血統。通算成績は20戦4勝。

メイクアップ(牡8、栗東・谷潔厩舎)
16年のWASJ第4戦(1000万下)の勝ち馬で、高知の永森大智騎手JRA初勝利をもたらした。通算成績は45戦4勝(うち障害6戦0勝)。

【2020年度の主な物故馬】

シングンマイケル(セ6歳、美浦・大江原哲厩舎)
主な成績は19年中山大障害(JGI)1着、東京ハイジャンプ(JGII)1着、東京ジャンプS(JGIII)1着など。通算成績は24戦6勝。

マイネルフロスト(牡9、美浦・高木登厩舎)
主な成績は14年毎日杯(GIII)1着、日本ダービー3着(GI)など。通算成績は41戦4勝。

ブラックスピネル(セ7歳、栗東・音無秀孝厩舎)
主な成績は17年東京新聞杯(GIII)1着、19年鳴尾記念(GIII)2着など。通算成績は34戦5勝。

 その他にも2019年は計118頭、2020年は計101頭がJRAホームページ(2019年度・2020年度 物故馬の法要)にて記載されている。

(JRAのホームページより)

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す