スマートフォン版へ

【仏G3・クレオパトラ賞】ディープインパクト産駒“Harajuku”が重賞初制覇

  • 2021年05月02日(日) 12時53分
 現地時間1日、フランスのサンクルー競馬場でG3・クレオパトラ賞(3歳牝・芝2100m)が行われた。

 5頭立てで道中は一団の展開から、直線では2番人気ハラジュク(Harajuku、牝3、S.パスキエ騎手)、3番人気アンカルヴィル(牝3、C.デムーロ騎手)、4番人気コーアン(牝3、P.ブドー騎手)の3頭が抜け出しての追い比べに。

 この争いをハラジュクが制して、2着アンカルヴィルに1.1/4馬身差をつけて優勝した。勝ちタイムは2分12秒59(良)。

 アンカルヴィルから短首差の3着がコーアン。前走マルセルブサック賞(仏G1)2着の1番人気タスマニア(牝3、M.ギュイヨン騎手)は、さらに5馬身離れた4着だった。

 ハラジュク父ディープインパクト母ファイノメナ、母の父Galileo。半兄にキングオブコージ、従兄にGhaiyyathがいる血統のアイルランド産馬。フランスのA.ファーブル厩舎の管理馬で、通算成績は5戦2勝。

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す