スマートフォン版へ

【米・ケンタッキーダービー】メディナスピリットが逃げ切りV、バファート調教師は単独最多の当レース7勝目/海外競馬レース結果

  • 2021年05月02日(日) 14時28分
 現地時間1日、アメリカのチャーチルダウンズ競馬場で行われたG1・ケンタッキーダービー(3歳・ダ2000m・19頭立て)は、ハナを切った6番人気メディナスピリット(Medina Spirit、牡3、J.ヴェラスケス騎手)が最後まで粘り込み、好位からこれを追った8番人気タイのマンダロン(牡3、F.ジェルー騎手)の追撃を1/2馬身差退けて優勝した。勝ちタイムは2分01秒02(良)。

 マンダロンから1/2馬身差の3着は3番人気ホットロッドチャーリー(牡3、F.プラ騎手)。G1・2勝を含む5戦5勝の1番人気エッセンシャルクオリティ(牡3、L.サエス騎手)は、さらにアタマ差の4着だった。

 メディナスピリットは父Protonico(その父Giant's Causeway)、母Mongolian Changa、母の父Brilliant Speedという血統。米国のB.バファート厩舎の管理馬。

 重賞は今年のロバート・B・ルイスS(米G3)に続く2勝目で、通算成績は6戦3勝(2着3回)。

 ヴェラスケス騎手は前日のケンタッキーオークス(米G1)をマラサートで制したのに続き米クラシック連勝。ヴェラスケス騎手とバファート調教師のタッグは昨年のオーセンティックに続き当レース連覇。そしてバファート調教師は当レースの単独最多勝利調教師(7勝目)となった。

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す