スマートフォン版へ

【名古屋・駿蹄賞結果】トミケンシャイリが移籍後5連勝で重賞初V

  • 2021年05月04日(火) 16時43分
 4日、名古屋競馬場で行われた第60回駿蹄賞(3歳・重賞・ダ1800m・1着賞金550万円)は、先手を取った今井貴大騎手騎乗の2番人気トミケンシャイリ(牡3、愛知・竹下直人厩舎)が、そのままゴールまで逃げ切り、2着の1番人気ブンブンマル(牡3、愛知・川西毅厩舎)に1馬身差をつけ優勝した。勝ちタイムは1分57秒7(良)。

 さらに6馬身差の3着に3番人気スプリングメドウ(牡3、愛知・井手上慎一厩舎)が入った。

 勝ったトミケンシャイリは、父ブラックタイド母クインズアダマンその父チチカステナンゴという血統。JRAからの移籍後5連勝で重賞初制覇を果たした。

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す