スマートフォン版へ

【地方競馬】船橋8Rで馬がレース中に逆走、審議になるが競走成立に

  • 2021年05月05日(水) 21時11分
 5日の船橋8R・ユウゲ賞(ダ1200m)は、発走後に7番マラニーノ(セ9、船橋・川島正一厩舎)が前の馬に接触してつまずき、木間塚龍馬騎手が落馬。その後方にいた10番ホウロクダマ(牡7、船橋・山中尊徳厩舎)の達城龍次騎手も落馬し、2頭が競走中止となった。

 馬は2頭とも異常なし。木間塚騎手は『頭部打撲、胸部打撲、腹部打撲、右大腿骨骨折の疑い、右脛骨骨折の疑い』の診断。達城騎手は『右橈骨遠位端骨折』で全治8週間と診断された。

 木間塚騎手の落馬は『進路選定判断の誤り』によるもので、5月10日・11日の2日間、騎乗停止処分が科された。

 また、カラ馬となったうちの1頭が最後の直線のラチ沿いを逆走し、馬群の内側をすり抜けていく事象があった。この件について審議が行われたが、競走全般に重大な支障があったとは認められず、レースは到達順位どおり確定した。

(地方競馬情報サイト及び船橋ケイバのホームページより)

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す