スマートフォン版へ

【NHKマイルC】林師、矢作師に勝利で恩返しだ 2頭出しでV候補打ち破る!

  • 2021年05月07日(金) 06時01分
 「NHKマイルC・G1」(9日、東京)

 3歳マイル王決定戦にアナザーリリックソングラインの2頭を送り出す林徹調教師(42)=美浦=は開業4年目。自身6度目のG1チャレンジに、静かな闘志を燃やしている。技術調教師時代に研修を積み、数多くのことを学んだトップトレーナー・矢作師とは5度目の直接対決。バスラットレオンホウオウアマゾンとV候補2頭を擁する師匠に、勝利で恩返しをしようと力が入っている。

 超難関進学校の開成高校から、東大医学部看護学科卒と競馬界では異色の経歴を持つ林師。高校の大先輩でもある矢作師の目に留まったのは必然だ。16年の調教師試験合格後は、数カ月間を矢作厩舎で過ごし、海外遠征にも帯同した。調教師としての基礎を学び、「矢作先生には感謝してもし切れません」と今でも敬慕の思いは強い。時には酒を酌みかわしながら、厳しくも数多くのことをたたき込まれた。

 G1初挑戦がロバートソンキー(6着)での昨年の菊花賞。矢作師が管理するコントレイルの無敗3冠達成の瞬間を間近で体感した。クレッシェンドラヴジャパンC大阪杯でもコントレイルがいた。有馬記念こそラヴズオンリーユーに先着したが、5度目の直接対決に「2頭(バスラットレオンホウオウアマゾン)は強い馬ですよ」とさすがに一目置いている。それでも、「ご縁があるんですかね。また、一緒に戦えるのは楽しみです」と笑顔を浮かべた。

 アナザーリリック桜花賞TRのアネモネSを快勝しながら、体調面を考慮して本番をパス。ノーザンファーム天栄(福島県)でじっくり態勢を整え、ここ一本に照準を合わせてきた。ソングライン桜花賞で大きな不利を受けたが、心身両面でのケアを十分施し、同じく天栄でここを目標に立て直してきた。

 「手を掛ければ、馬は必ず助けてくれる」。大学の馬術部時代に自身の体験から学んだことを厩舎のモットーとする。「2頭とも順調に来られました」。さわやかな薫風の中での大一番へ、キラリと目を輝かせた。

提供:デイリースポーツ

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す