スマートフォン版へ

【NHKマイルC予想】大量6頭をバッサリ! 上位人気の1頭もハマってしまった近年大不振のデータ/JRAレース展望

  • 2021年05月08日(土) 12時05分
 過去4年はいずれも6人気以下の伏兵馬が2頭ずつ馬券になっています。ただし、いずれも前走のオープン、重賞で4着以内の好走馬。前走の大敗からの一変というよりは、好走しながらも人気の盲点になっている馬が狙い目です。

「人気馬を素直に信頼して良いかわからない」、「穴をあけそうな人気薄の馬が知りたい」。 そんな時に役立つのが、ケシウマの予想バイブル『パーフェクト消去法』です。過去10年のデータから導き出した消去法で、あなたの馬券検討をサポートします。

 GIでは、皐月賞で【残った馬】の2人気エフフォーリアと8人気タイトルホルダーがワンツーを決め、馬連4,300円の好配当に。【注目馬】も桜花賞ファインルージュが8人気3着。大阪杯ではモズベッロが6番人気から2着の好走を果たしました。GIにも強いケシウマに、今週もご期待ください。

 ここでは、NHKマイルCの消去条件のうち1つを無料公開します。

【条件1】※データは18年以降の3回のデータを参照したもの
■関東馬 [0-0-0-17] 複勝率0%
■該当馬:アナザーリリックヴェイルネビュラシュネルマイスターソングラインタイムトゥヘヴンランドオブリバティ
(過去の主な該当馬:20年ルフトシュトローム4人気5着、サクセッション5人気14着、19年グランアレグリア1人気5着、ヴィッテルスバッハ5人気15着)
■関東馬は過去10年で3勝2着5回。関西馬にほぼ互角といえる数字を残している。ただし、地の利があることを考えると、少し物足りない成績か。とくに18年以降の過去3年に限れば[0-0-0-17]と大不振。そのうち7頭が1〜5人気の上位人気馬なので、思い切って評価を下げてしまいたい。

 上位人気と予想されるシュネルマイスターが消去データに該当しました。弥生賞2着で獲得した皐月賞の優先出走権を行使せずに、こちらへ直行。なおかつルメール騎手が継続騎乗と怖い存在ではあります。ただし、新馬勝ちは洋芝の札幌で、2勝目のひいらぎ賞は時計の掛かる馬場。近年傾向で分の悪い関東馬というだけでなく、高速馬場への距離短縮を嫌う手もありそうです。

 さらに、残りの消去条件は、『パーフェクト消去法』にて公開中です。はたして今年も伏兵馬の複数頭台頭なるのか? ケシウマの消去データを、ぜひお役立てください。

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す