スマートフォン版へ

【オークス】白毛馬ソダシ 無敗2冠だ!精神面成長、馬体も進化…偉業達成へ視界良好

  • 2021年05月18日(火) 06時05分
 「オークス・G1」(23日、東京)

 今や世界中で注目を集める白毛の桜花賞ソダシ。2020年のデアリングタクトに続く無敗の牝馬クラシック2冠に向けて、着々と態勢を整えつつある。果たして、“純白の女王”は本番でどんなパフォーマンスを見せてくれるか。

 新たな歴史を刻む。快進撃を続ける無敗の白毛馬ソダシが、史上16頭目となる桜花賞オークス制覇を狙う。無敗での2冠達成となれば57年ミスオンワード、20年のデアリングタクトに続く史上3頭目の快挙。白毛旋風はまだまだ止まらない。

 トレセン全休日の17日は、厩舎の馬房で静養。この中間は在厩で調整しているが、担当の今浪厩務員は「徐々に攻めてきたのでテンションは上がってきているが、桜花賞前よりは落ち着いているのでは」と精神面の成長を感じている様子。「背中からトモにかけて、もうひとつ張りが出てきた」と馬体面でもさらなる進化を示している。

 1週前追い切りは、吉田隼を背に、栗東CWで5F69秒5-11秒7(馬なり)。4角で僚馬2騎の進路が決まらず、一瞬待たされるシーンはあったが、そこからエンジンを再点火させると抜群の瞬発力を披露した。桜花賞からひと息入ったものの、馬体にも緩みはなく、さらに充実してきた印象だ。

 次なる舞台は東京芝2400メートル。コースは昨秋のアルテミスSで経験済みだ。課題は距離だが「心臓が良くないとこなせない。そういう点では向いていると思う」と不安はない。あとは、しっかり仕上げてバトンをつなぐのみ。「隼人が馬のことをつかんでいるから。先週、東京で騎乗したのもプラスでは」と主戦に全権委任だ。

 美しく、たくましい“純白の女王”には常に熱視線が注がれる。「桜花賞後の反響はすごかった。何せ世界中から注目されているからね。その分、プレッシャーもキツいけど、僕がそれに負けていたら馬も気にするだろうから。そういう面は、見せないようにしているんだ」。制限付きながら有観客で行われる樫の舞台。ファンの熱い声援に応えて、偉業を成し遂げてみせる。

提供:デイリースポーツ

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す