スマートフォン版へ

三津谷隼人 史上初の引退レースで重賞初V…21日から助手として新たな人生を歩む

  • 2021年05月21日(金) 07時00分
 信じられないフィナーレだった。15日の京都ハイJマーニで制した三津谷隼人(24)=栗東・川村。騎手が引退レースで重賞初勝利を飾るのは、史上初の快挙だった。

「会心でした。びっくりするほど作戦通り」。デビュー7年目で迎えたラストライドを振り返る。「レース後の地下馬道で難波さんに“自分が手を掛けた馬で勝って、やめられないだろ?”と声を掛けられて…。ギャン泣きです。あれから毎日、レースビデオを見ています。6月に子供が生まれるので、おめでたいこと尽くしです」と照れ笑いを浮かべた。

 引退を決断したのは1年前だった。「レース後、ぜんそくの発作がひどくて。それに、お世話になった鮫島厩舎で調教して、楽しさを感じるようになった。父(直樹助手=安田隆厩舎)に伝えた時はさみしそうでしたけどね。父は翌日の中京3Rを勝って“いい流れをもらった”と笑っていましたよ」と感慨深げだ。

 21日からは川村厩舎で助手として腕を振るう。「ジョッキーに“乗りやすい馬”と言ってもらえるのが、やりがいになると思う」。最高の馬づくりを目指し、ホースマンとしての第2章がスタートする。(デイリースポーツ・井上達也)

提供:デイリースポーツ

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す