スマートフォン版へ

【安田記念】グランアレグリア死角なし 女王の貫禄!史上3頭目の連覇へ状態問題なし

  • 2021年06月01日(火) 18時35分
 「安田記念・G1」(6日、東京)

 G1馬6頭をはじめ、今年も多彩な顔触れがそろった春のマイル王決定戦。グランアレグリアは、2020年アーモンドアイを撃破した舞台で、G1・6勝目、グレード制を導入した84年以降で史上3頭目の連覇を狙う。

 グランアレグリアが得意の舞台で再び君臨する。東京マイル戦は〈4・0・0・1〉。唯一の着外は4位入線も5着降着となった19年のNHKマイルCだけ。20年の安田記念ではアーモンドアイに2馬身半差をつける圧勝劇を演じ、前走のヴィクトリアMでも後続に4馬身差をつけ、格の違いを見せつけた。

 この中間は美浦で調整。21日に左前脚の蹄球部を気にするそぶりを見せたため、大事を取って翌日は厩舎で様子を見たが、23日には問題ないことを確認。26日から坂路入りして調整を行っている。1週前追い切りは美浦坂路で4F56秒7-13秒4(馬なり)。30日には同坂路で4F59秒6-14秒5、4F55秒3-13秒2と2回駆け上がった。フットワークは軽くて、しなやか。馬体減りもなく、好調を維持している。藤沢和師は「1度使ったあとだから、調整はしやすく順調」と話し、中間のアクシデントについては「脚の状態は、不安があれば使わないから」と問題なしを強調。「2歳のころからよく頑張ってきてくれたし、ここも期待している」と高い能力を信頼する。

 牡馬の猛者も集まる春のマイル王決定戦。ルメールは「アーモンドアイも昨年負けた。難しい大変なレース。いい馬がいっぱいいる。改めてトップコンディションが必要です」と気を引き締める。「ただ、前回が楽勝で無理していなかった。パワーがまだ残っているし、追い切りもエンジョイしている。彼女は調教は楽だと思っているし、競馬も楽。ずっと走りたいと言っている」と、もちろんパートナーに寄せる期待は大きい。

 グレード制を導入した84年以降、連覇を達成したのはヤマニンゼファー(92、93年)、ウオッカ(08、09年)の2頭。さらに同一年度のヴィクトリアMとのG1連勝は09年ウオッカのみだ。偉業達成へ。20年の最優秀短距離馬は、歴史的な名馬への歩みを止めない。

提供:デイリースポーツ

みんなのコメント

【重要】コミュニティ健全化の取り組みについて

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す