スマートフォン版へ

【安田記念】菅原明、相棒カラテと一撃必殺狙う 躍進同期に続くG1初騎乗「感謝」

  • 2021年06月04日(金) 06時01分
 「安田記念・G1」(6日、東京)

 デビュー3年目の菅原明良騎手(20)=美浦・高木=は初のG1舞台。盟友カラテとともに一撃必殺を狙っている。

 自らの手でつかんだG1の晴れ舞台。急成長を遂げるデビュー3年目の菅原明が、カラテと参戦する。コンビを組んで4戦3勝と抜群の相性。前走の東京新聞杯では人馬ともに重賞初Vを果たした。「ゲートが速くて前の位置で競馬ができて、そこからもうひと脚が使えるというのが、この馬の良さです」と全幅の信頼を寄せていた。

 岩田望、団野、斎藤、亀田ら同期は既にG1騎乗を果たしているが、自身は初めてとなる。「最近は自分のペースで行ければと考えています。もちろん、負けたくはないですけどね」と静かにライバル心を燃やしている。

 20歳2カ月26日でのVなら、グレード制が導入された84年以降、武豊が持つ21歳1カ月29日を上回る同レース最年少優勝記録となる。「ワクワクしていますし、乗せてもらえることに感謝しています。重賞を勝って挑めるのは自分にとっても大きいことですし、自分で(重賞を)勝って乗れるというのは、とても難しいのでうれしい」と気合十分。若武者が大仕事をやってのけるか。

提供:デイリースポーツ

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す