スマートフォン版へ

【英・オークス】デットーリ騎手「熱いナイフでバターを切るかのよう」スノーフォールの16馬身差圧勝に

  • 2021年06月05日(土) 17時49分
 現地時間4日、イギリスのエプソム競馬場で行われた第243回オークス(3歳牝・G1・芝2410m・14頭立て)は、中団の外目を進んでいたディープインパクト産駒スノーフォール(Snowfall、牝3、L.デットーリ騎手)が、最後の直線で逃げるミステリーエンジェル(牝3、B.カーティス騎手)をかわすと、あとは独走状態。ミステリーエンジェルオークス史上最大着差となる、16馬身差をつけての圧勝を収めた。勝ちタイムは2分42秒67(稍重)。

 鞍上のランフランコ・デットーリ騎手はレース後のインタビューで次のように語った。

「熱いナイフでバターを切っているかのような感覚でした。タッテナム(最終)コーナーで勝利を確信しましたね。信じられないほどです。

(道中は)良いポジションが欲しかったのですが、他の馬が速すぎましたね。全員が3番手までにつけようとしていたので、彼女たちを先に行かせました。

(直線に入ってからは)『考えすぎるな、真ん中から抜けるだけでいい』と思っていました。唯一道中で見ていなかった馬が(人気の)サンタバーバラだったので少し後ろを見ましたが、自分が5馬身前にいることを確認しました。そして、彼女にゴーサインを出しました。

 私は今までたくさんのクラシックを勝ってきましたが、これだけ楽に勝てたのは初めてです」(英競馬メディア『Racing Post』より抜粋)

 デットーリ騎手はこれで英クラシック通算21勝となり、フレッド・アーチャー騎手(1857年-1886年)と並ぶ最多勝タイに。本日5日のダービーではスノーフェアリーの子ジョンリーパーに騎乗し、最多勝記録の更新に挑む。

 なお、デットーリ騎手の英クラシック初制覇は1994年のオークス(バランシーン)。同レースの2着がディープインパクト母ウインドインハーヘアだった。

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す