スマートフォン版へ

【函館スプリントS展望】サマースプリントシリーズ開幕戦、あの馬に期待

  • 2021年06月09日(水) 06時00分
 北海道開催の開幕を告げる短距離重賞で、サマースプリントシリーズの初戦にも位置づけられる一戦。今年は12年ぶりに札幌での開催となる。小回りコースに多頭数がひしめくため、不利に泣く馬がしばしば現れるレースでもあり波乱も珍しくない。

1.距離短縮が優勢

 過去10年で距離短縮組が複勝率29.8%なのに対し、前走も1200mだった馬は複勝率16.4%。洋芝で行われるため開幕序盤でもパワーが要求され、距離短縮組が幅を利かせやすい。今年は札幌開催だが、洋芝であることは同じなので傾向も同様と見る。

2.先行力はあるか

 過去10年で4角5番手以内の馬が8勝。また、過去10年に行われた札幌芝1200mの古馬オープン戦の成績を見ても、4角5番手以内の馬は連対率22.3%、4角7番手以下の馬は連対率6.4%。小回りコースなだけあって先行できるかどうかというのが好走のカギを握る。

3.前走凡走馬が巻き返す

 スプリント戦は比較的巻き返しが利きやすい条件ではあるが、このレースではそれが顕著。前走で10着以下に大敗した馬が過去10年で4勝していて、複勝率も20.3%ある。また、14・16年の2回は前走10着以下の馬が3着以内を独占した。

 シゲルピンクルビー桜花賞で16着に敗れたが、マイルの距離に加え15番枠と厳しい条件だった。結果は参考外でよいだろう。今回は距離短縮に加え、斤量50kgと条件が大幅に良化。力のいる洋芝は問題なくこなせると見て、巻き返しを期待する。

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す