スマートフォン版へ

【函館スプリントS】カレンモエ本格化 スプリント界の頂点へ2着続きに終止符打つ

  • 2021年06月08日(火) 17時25分
 「函館スプリントS・G3」(13日、札幌)

 偉大な両親の背中を追って、カレンモエが初タイトル奪取を狙う。デビューから成長を促しつつじっくり使われており、ここにきて重賞戦線でも差のない走りを披露。本格化の兆しが見えてきた。秋の大舞台を見据え、何としても結果を出したいところだ。

 父は国内外のG1を6勝し、JRA顕彰馬に選出されたロードカナロア。そして母はスプリントG1・2勝馬カレンチャン。安田隆厩舎の結晶とも言うべきカレンモエが、スプリント界の頂点への足掛かりとすべく、北の大地に降り立つ。

 重賞初挑戦の京阪杯は首差2着、続くオーシャンSと鼻差2着と惜しい競馬が続く。安田隆師は「硬い馬なので、前走後は続けて使いたくなかった。そのあたりを考えて、洋芝を求めてここに狙いを定めましたが、休養を挟んで疲れが取れているなと思いました」とフレッシュな状態を強調する。5歳ながらキャリアはわずか10戦。父母の背中を追い、成長を促しながら大事に使われてきた。

 3週連続で追い切りに騎乗した鮫島駿も手応えをつかむ。「新馬戦の時から乗せてもらっていますが、いい成長曲線を描いていると感じます。以前よりも、能力に体が伴ってきました」。背中から本格化を感じ取っている。

 視線の先はもちろん、秋の大舞台だ。「スプリンターズSに向けていい結果を残したい」。そう鞍上が力を込めれば、指揮官も「お父さん、お母さんが共に偉大なので、この馬もアイドルホースになれると思います」と目を細めた。ここで重賞初制覇を果たし、父も母も制したタイトルに照準を合わせる。

提供:デイリースポーツ

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す