スマートフォン版へ

土曜中京芝千六デビュー須貝厩舎のベルクレスタから目が離せない!/POGマル秘週報

  • 2021年06月09日(水) 19時30分
 昨年のこの時期の当欄で須貝調教師から「今シーズンは忙しくなるぞ」と言われたことに触れた記憶があるが、まさにその通りの一年だった。

 早い時期から「白毛の怪物」になる予感に駆られていたソダシは無敗のまま阪神JF桜花賞を圧倒的な強さで制覇。オークス(8着)で不敗神話こそ崩れてしまったが、この白毛のアイドルホースが社会現象にまでなって、競馬界全体を盛り上げてくれた。

 ソダシだけではない。トレーナーが「バゴ産駒の大物」と期待していたステラヴェローチェ朝日杯FS2着、皐月賞ダービーはいずれも3着。GI制覇こそならなかったものの、師の相馬眼が正しかったことを見事に証明した。

 ソダシステラヴェローチェ絡みの原稿を何度書いただろうか。まあ、担当厩舎の馬が大活躍してくれて、多忙を極めることは心地いい疲れでもあるんだけど…って感傷に浸っている暇はない。また新たなシーズンを迎える須貝厩舎の鮮度のいいネタを提供していかなければ…。

 土曜(12日)中京芝1600メートルでデビューを迎えるベルクレスタ(父ドゥラメンテ母ベルアリュールII)は2017年のヴィクトリアマイルを制したアドマイヤリードの半妹にあたる。ウッドでの1週前追い切りは今回コンビを組む松山騎乗で行われ、最後の直線で一旦は前に出られた僚馬を軽く促しただけで一瞬にして2馬身突き放してみせた。刻まれたラスト1ハロンは11.9秒。仕掛けられると即座にトップギアに入り、フォームが変わる姿に、秘める素質の高さがしっかりと感じ取れた。姉アドマイヤリードはデビュー戦398キロに象徴される小柄な馬だったが、妹ベルクレスタはすでに480キロ台。そのうえで姉が売りにしていた瞬発力は妹も確実に有している。

「気性面の癖がない。この時期の新馬でおとなしくて乗りやすいのは、それだけでもすごいことなんですよ。距離の融通性も利きそうだし、今のところ気になるところは何もないね」と橋本助手も手応えを隠さない。

 アドマイヤリードは2歳時に2勝を挙げたうえで、古馬で頂点に立ったように、早い時期からの活躍が期待されると同時に、成長力にも富む血統背景。ベルクレスタの初戦のパフォーマンス次第ではまた忙しいシーズンを送ることになりそうだ。

(難波田忠雄)

東京スポーツ

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す