スマートフォン版へ

【エプソムC】ヤシャマル、急成長 馬体充実!尾形師「勝負強さある」

  • 2021年06月09日(水) 06時00分
 「エプソムC・G3」(13日、東京)

 夏は上がり馬にご用心。21年に入って目下3連勝中のヤシャマルが、勢いに乗って重賞に初挑戦する。馬体の充実とともに、末脚の威力がアップ。8戦して全て掲示板を確保と相性のいい府中コースで、重賞常連組を一刀両断だ。

 21年に入って破竹の3連勝のヤシャマル。いずれもテン良し、中良し、しまい良し。競馬センスが光る内容でクラスの壁を次々と突破してきた。

 「470キロ台でデビューした馬が、前走で506キロと30キロ近く馬体が増えた。成長力が素晴らしいと思っています」と尾形師。連勝がスタートした今年初戦から馬体重は500キロ台に突入。たくましさが増したことで、末脚の威力もアップ。それが、目下の快進撃へとつながっている。

 自慢の末脚に加え、勝負根性も光る。圧巻だったのが2走前。一度は完全に前に出た2着馬を、たたき合いの末にゴール寸前で差し切った。「前走でも2着馬が外から来たら伸びたし、勝負強さはありますね」と指揮官も競り合いでの強さに自信を見せる。

 中5週となるこの中間は在厩で調整され、美浦Wで丹念に乗り込まれてきた。1週前追いは、ラスト一杯に追われて1F12秒1と切れ味を発揮。トレーナーは「痛いところもかゆいところもなく、やりたい調教ができています。かなり順調に来ていますよ」と満面の笑みを浮かべながら状態に太鼓判を押した。

 勝ちみに遅かった馬が、7戦目にして未勝利を脱出したのが東京なら、3連勝も東京が舞台。「掲示板を外していないし、東京でやれるのは強みですね」と師もコース相性に自信を持つ。充実一途の上がり馬が、勢いそのままに重賞の壁を突き破っても不思議はない。

提供:デイリースポーツ

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す