スマートフォン版へ

【エプソムC 枠順データ分析】8枠から昨年はトーラスジェミニが波乱を演出も、基本は内重視で!

  • 2021年06月11日(金) 12時33分
 13日に東京競馬場で行われるエプソムC(3歳上・GIII・芝1800m)について枠順・馬番別に検証していく。

 過去10年、馬番別では最多となる6回の馬券絡みが6番。次点で3回の1番、3番が続き、2回が4番、7番、12番、13番、16番、18番となっている。

 参考までに枠順による成績を比較すると下記の通り。

1枠 1-1-1-14/17 複勝率17.6% 複勝回収率50%
2枠 1-1-2-13/17 複勝率23.5% 複勝回収率160%
3枠 3-2-3-11/19 複勝率42.1% 複勝回収率121%
4枠 0-2-1-17/20 複勝率15.0% 複勝回収率55%
5枠 1-1-0-18/20 複勝率10.0% 複勝回収率13%
6枠 2-0-0-17/19 複勝率10.5% 複勝回収率32%
7枠 0-1-1-23/25 複勝率8.0% 複勝回収率21%
8枠 2-2-2-20/26 複勝率23.1% 複勝回収率162%

 一見、8枠の成績が良く見えるが、これは昨年18番人気で3着したトーラスジェミニによるところが大きく、昨年を除くと複勝回収率は40%。基本的には内枠のほうが優勢。6番人気以下で馬券に絡んだ9頭中7頭は1〜4枠だった。

 時期的に道悪になりやすく、外からの差しが決まりそうなイメージがあるのだが、近2年で馬券に絡んだ6頭はいずれも4角5番手以内の馬。過去10年で逃げ馬(=3角1番手)だった馬が[1-1-3-5]と複勝率50%の活躍を見せており、今年も「どの馬が逃げるか?」「どの馬が逃げられそうか?」を考えることが的中の鍵になりそうだ。

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す