スマートフォン版へ

【エプソムC予想】AIの本命候補は帯封狙いの超穴 誰も予想しない2年連続の大波乱を獲る/JRA重賞レース展望

  • 2021年06月13日(日) 06時10分
 不良馬場で行われた昨年は1〜3人気馬がすべて馬券外に飛び、9人気のダイワキャグニーが勝利しました。さらに5人気ソーグリッタリング、そしてシンガリ18人気のトーラスジェミニで決まり、3連単400万馬券の大荒れ決着。

 今年はマイラーズカップ2着のアルジャンナ菊花賞3着のサトノフラッグ大阪杯9着のアドマイヤビルゴなど例年以上に粒ぞろいのメンバーが揃い混戦のGIIIとなりました。そんな波乱も期待されるエプソムカップから、netkeibaオリジナルのビッグデータを活用したAI競馬予想が弾き出した、激走注目馬を紹介します。

 このレースでまず押さえておきたいポイントは4歳馬の活躍でしょう。近10年で勝率21.2%、複勝率48.5%と他の世代に比べ圧倒的に好走例が多くなっています。ただ、今年の重賞OPでの年齢別成績をみると、4歳馬は勝率6.6%、単勝回収率31%、複勝回収率36%と決しておいしくない存在になっているのも確かです。

 レースのペースを予測し、各馬の脚質・各馬の最終走破タイムを算出。走破タイムの速い順に印を打つAIですが、学習し予想に使われるデータは、netkeibaが保有するこれまでのレース情報すべて。

 週頭にはセダブリランテスを本命候補としてピックアップしたnetkeibaAIでしたが、調教や枠順、馬場など週中の情報を追加した上で弾き出したのは、なんとダートから芝戻り2戦目、2ケタ人気濃厚のエアアルマスでした。

【netkeibaAIの注目馬】
馬名:エアアルマス
鞍上:三浦皇成騎手
総合指数:68.02 (全18頭中1位)

 前走の京王杯スプリングCは、2019年5月以来となる久々の芝のレース。間隔が空いていたことにくわえ、16キロ減が響いて0秒6差10着に敗れました。直線は最内で伸びずバテずの内容。それでも上がりは33秒6、以前芝を走っていた頃も同様に33秒5前後の脚を使っていたことをふまえても、着順ほど負けてはいないといえます。

 また前走は平均ペースで、芝で走っていた時よりも速いペースでの結果。その中で今回の予測ペースは平均よりやや遅いペースを示しています。前走時よりも条件的には合います。
 
 血統面をみると、ダートに活躍馬の多いマジェスティックウォリアー産駒ですが、芝1800mの成績は[2-0-6-22]。ハローキャンディサウンドウォリアーが勝って2勝で、単勝回収値536円、複勝回収値は154円と穴を開ける傾向にあります。半弟のエアサージュエアファンディタも芝1600mや芝2000mで勝っているだけに、エアアルマスが再度芝に戻って好走してもおかしくはありません。

 ダート転向前から芝で3勝しているエアアルマス。昨年の阪神牝馬Sの勝ち馬で、重賞で実績のあるサウンドキアラを下した実績もあり、頭打ちでダート転向となったわけではありません。状態も整った再転向2戦目。2年連続の大波乱の主役となっても不思議はないとみます。

 新たなデータを取り込むたびに学習し、回収率が向上しているnetkeibaオリジナルAI。その他の馬を含めた全順位付け、解説はウマい馬券で公開中です!

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す