スマートフォン版へ

エイシンダンカーク産駒、JRA初勝利

  • 2007年02月25日(日) 10時40分
 25日、阪神競馬場で行われた2R・3歳未勝利(ダート1200m)は、古川吉洋騎手騎乗の9番人気(単勝46.8倍)オネストジョン(牡3、栗東・山本正司厩舎)が2番手追走から、逃げ粘る3番人気テーオーギャングとの叩き合いを3/4馬身差制して優勝した。勝ちタイムは1分12秒9(良)。この勝利がエイシンダンカーク産駒JRA初勝利となった。

 勝ったオネストジョン父エイシンダンカーク、母はJRA3勝のハウンドトゥース(その父トウホーカムリ)という血統。06年12月のデビューから4戦目で初勝利となった。通算成績4戦1勝。

 同馬の父エイシンダンカークは父Mr.Prospector、母は87年愛1000ギニー(愛G1)を制したForest Flower(その父Green Forest)という血統の米国産馬。従弟に00年ブルーグラスS(米G1)など米G1・3勝のHigh Yieldがおり、血統を買われ種牡馬入りしている。現役時はダート短距離の条件戦を中心に走り、通算13戦3勝の成績を残している。

 現3歳が初年度産駒で、5頭が血統登録、本馬を含めた4頭が競走馬登録されており、地方ではエーシンスウォード(牝3、笠松・伊藤強一厩舎)が11月の札幌で勝ち上がっている。

 なお、オネストジョンを管理する山本正司調教師は、2月28日付けで現役を引退する予定で、残り3レースを残しJRA通算554勝目。25日の阪神4R終了後に調教師引退式が行われる。また、母ハウンドトゥース、母父トウホーカムリも山本調教師の管理馬だった。

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す