スマートフォン版へ

トウカイテイオー最後の産駒、キセキノテイオーが競走能力・発走調教検査に受からず

  • 2021年06月15日(火) 22時31分
 ホッカイドウ競馬は15日、競走能力・発走調教検査を門別競馬場で実施。6Rを受検したキセキノテイオーが、制限タイムに届かず不合格となった。

 制限タイムは1000メートルで1分9秒0。キセキノテイオーのタイムは1分10秒1で、1秒1届かなかった。

 同馬は、1993年の有馬記念などGI4勝を挙げたトウカイテイオー最後の産駒。現在7歳で競走馬デビューを目指している。

令和3年度能力検査 6月15日の成績(外部サイト)

(ホッカイドウ競馬のホームページより)

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す