スマートフォン版へ

【ユニコーンS】カレンロマチェンコ 休み明けでも文句なし ポイントは距離延長

  • 2021年06月17日(木) 06時00分
 「ユニコーンS・G3」(20日、東京)

 カレンロマチェンコは16日、栗東坂路で単走。重心の低い走りで真っすぐに駆け上がった。タイムは4F52秒8-38秒1-12秒5。2020年10月に良馬場で4F52秒6の自己ベストをマークしているが、この日は稍重だったことを考慮すれば、文句なしの内容と言っていい。

 見届けた高柳大師は「間隔があいていたのもあるし、きょうは抑えずに気分良く行かせました。相変わらず動きますね。以前はピリピリしたところがあったけど、落ち着きもあります」と納得の表情だ。3カ月半の休み明けでも、きっちりと乗り込まれて太め感はない。

 芝のスプリント戦でデビューし、以降の5戦は全てダート7F戦。いずれも逃げ切りで3勝を挙げたが、今回は1Fの距離延長が鍵になる。トレーナーは「スピードのある馬だが、ハナにはこだわっていない。マイルでどういう競馬ができるかですね」と思案顔。3走前の東京では、踏ん張り切れず4着。終盤にスタミナを残せるかが、大きなポイントになりそうだ。

提供:デイリースポーツ

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す