スマートフォン版へ

【宝塚記念結果】クロノジェネシス完勝! 牝馬初のグランプリ3連覇を達成!

  • 2021年06月27日(日) 16時35分
 27日、阪神競馬場で行われた宝塚記念(3歳上・GI・芝2200m)は、好位でレースを進めたC.ルメール騎手騎乗の1番人気クロノジェネシス(牝5、栗東・斉藤崇史厩舎)が、直線で前を交わして抜け出し、逃げてしぶとさを見せた7番人気ユニコーンライオン(牡5、栗東・矢作芳人厩舎)に2.1/2馬身差をつけ優勝した。勝ちタイムは2分10秒9(良)。

 さらにクビ差の3着に2番人気レイパパレ(牝4、栗東・高野友和厩舎)が入った。なお、3番人気カレンブーケドール(牝5、美浦・国枝栄厩舎)は4着に終わった。

 勝ったクロノジェネシスは、父バゴ母クロノロジストその父クロフネという血統。ファン投票1位、単勝オッズ1.8倍の支持に見事応え、ゴールドシップ以来史上2頭目となる宝塚記念連覇を達成。昨年末の有馬記念と合わせて、牝馬としては史上初となるグランプリ3連覇を果たした(牡馬を含めるとスピードシンボリグラスワンダーについで史上3頭目)。

C.ルメール騎手のコメント】
 馬のコンディションはとても良かったです。返し馬も良い感じでしたし、道中も完璧でしたね。レイパパレの後ろで我慢して、直線ですごくいい脚を使ってくれましたので、ラスト200mは楽でした。ヨーロッパ血統ですから柔らかい馬場でもいいパフォーマンスができると思います。フランスでもいい結果を出せると思います。

宝塚記念ダイジェスト>

スーパープレミアムコースでは全レースのフル映像のほか、各場毎のダイジェスト映像をご視聴いただけます

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す