スマートフォン版へ

【中京記念】ロータスランド 一気4連勝で重賞突破だ!爪の奇形も蹄鉄変え劇的変化

  • 2021年07月13日(火) 09時05分
 「中京記念・G3」(18日、小倉)

 まさに飛ぶ鳥を落とす勢い。3連勝中のロータスランドが重賞突破を狙う。

 マーメイドSを除外され、前走は3勝クラスの身ながら米子Sに格上挑戦。重賞好走馬もいる骨っぽいメンバーだったが、3番手から正攻法の競馬で勝負を決めた。8カ月の休養から復帰した2021年2月以降は2・1・1・1着。本格化の理由は何なのか。辻野師は「爪が痛くて、それを気にして本来の走りができていなかった。爪の奇形で治療法もなくて。今は特殊な蹄鉄にしてもらって傷みもなくなり、歩様が劇的に変わった」と説明する。1週前には栗東坂路でラスト1F11秒5。まれに見る驚きのタイムをマークした。「負荷をかけて刺激を与えました。気持ちの面でも、体も締まっている」と仕上げに胸を張る。

 これまでワンターンの競馬しか使ってこなかったが、今回の舞台は小回りの1800メートル。今年開業の新鋭調教師は「コーナー4つが課題だけど、競馬が上手。好位で運べて抜け出す脚が速い。前走は抜け出してフワフワしていたので、強いメンバーの方がひと踏ん張りできる」と期待を込めた。4連勝で重賞制覇へ-。今回は、飛躍の秋に向けて重要な一戦になる。

提供:デイリースポーツ

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す