スマートフォン版へ

【中京記念予想】蓄えてきた実力は夏の小倉で花開く!? 実績ある良血馬に注目

  • 2021年07月18日(日) 06時04分
 かつては春シーズンに行われる芝2000mのハンデ戦として親しまれていたが、2012年から1600mのハンデ戦に変更され、サマーマイルシリーズの第2戦へと組み込まれた中京記念。昨年は阪神競馬場で開催され、今年は小倉競馬場。しかも1800mで行われる。今回は過去の傾向云々ではなく、この距離、コースで力を発揮できる馬を狙いたい。

 ◎ボッケリーニは、中日新聞杯の優勝馬。小倉競馬場は得意としており3戦して1勝2着2回。未勝利戦を勝ったほか、小倉大賞典ハナ差2着、小倉日経オープン2着がある。小倉日経オープンで先着を許したサラキアはその後、アイルランドT府中牝馬Sに勝ち、エリザベス女王杯有馬記念とGI競走で連続2着するくらいだから、この馬の価値を下げるものではない。

 これまで14戦のキャリアの中で、掲示板を外したのはデビュー戦のみという堅実派。ゆっくりとだが着実に力をつけ、早めに好位をキープできる自在性とゴーサインが出てからの瞬発力が持ち味だ。これまでの実績から57キロのハンデを背負うことになったが、背負いなれた斤量でもあり、大きく割り引く必要はなさそうだ。

 〇ディアンドル葵S福島牝馬Sの勝ち馬。以前はスプリント戦で活躍しており、そのスピードを背景とした先行力が武器。小倉競馬場では北九州記念2着、小倉大賞典3着という成績を残している。小倉大賞典は半マイル通過46秒7、前半1000m通過58秒0というハイペースを積極的に追いかけ、最後は失速してしまったが、それでも馬券圏内を確保し、4月の福島牝馬Sでは同48秒2、同60秒6のスローペースに持ち込んで逃げ切り価値を収めている。小回り向きの印象があったが、ヴィクトリアマイルも4着と健闘しており2度目の充実期に入っているようだ。

 米国産馬▲ロータスランド米子S優勝馬。当時2勝クラスを勝ったばかりだったが、3勝クラスを飛び越えてリステッドレースを快勝。これを含めて目下3連勝中と不気味な存在だ。2歳時のもみじSではラウダシオンの2着。順調に使い込めない時期もあったが、今年に入って4戦3勝。1800mの距離でも勝利経験があり、まだ底を見せていない魅力がある。

 △アンドラステターコイズS2着馬で、関屋記念の3着馬。前走は骨折による長期休養明けの1戦で初めて経験する2000m、そして外枠という不利な条件が重なったが、それでも最後まで上位争いに加わった。当時から1キロ減の54キロ。ターコイズS関屋記念のときと同じ54キロというのは恵まれた印象だ。あっさりのシーンがあっても不思議ない1頭だ。

---
今週末は函館で競馬&競輪のW重賞!予想を見て抽選で当たる豪華グルメキャンペーンも開催中!

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す