スマートフォン版へ

【メイクデビュー福島6Rレース後コメント】ウインモナーク奥平雅士調教師ら

  • 2021年07月17日(土) 18時20分
福島6Rのメイクデビュー福島(芝1200m)は2番人気ウインモナーク(武藤雅騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分10秒8(良)。1馬身1/4差の2着に1番人気ヴェラフォルツァ、さらに半馬身差の3着に4番人気イールテソーロが入った。

ウインモナークは美浦・奥平雅士厩舎の2歳牡馬で、父ビッグアーサー母コスモメリー(母の父アドマイヤジャパン)。

レース後のコメント

1着 ウインモナーク(奥平雅士調教師)
「途中までモコモコした感じで走っていて、何が行われているのか理解していない感じでした。ジョッキーは『ガンガン逃げて勝つ競馬は次につながらないので、色々経験できて次につながると思う』と話していました。この馬らしさが見えたので、前半がカギだと思っていました。ジョッキーも冷静に乗ってくれました」

2着 ヴェラフォルツァ(M.デムーロ騎手)
「スピードがものすごくあります。ゲートを出てから物見をしていました。ペースはそんなに速くならないのでちょうどいいと思っていました。残り100mまでは先頭でしたが、50mで外から来られました。さらに良くなるでしょう。間違いなく短距離馬だと思います」

3着 イールテソーロ(小林脩斗騎手)
「調教ではゲートの出が速い馬だと知っていました。ハナに行けたら行こうと思っていましたが、道中競られて展開的に苦しくなりました。しかし追ってからもうひと踏ん張りしてくれました。荒れた馬場でも最後までよく踏ん張ってくれたと思います」

4着 キタノラズベリ(永野猛蔵騎手)
「返し馬では気の良い感じで、前目につけられたらいいなと思っていました。4コーナーの手応えは良かったのですが、勝ち馬に来られてまた外に出してから伸びてくれました。センスの良い馬です」

5着 ニシノマンテン(丸山元気騎手)
「スタートして、トモの入りが良くなかったのですが、終いは頑張ってくれました。トモに関してはこれからの成長待ちです」

ラジオNIKKEI

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す