スマートフォン版へ

【中京記念】ロータスランド辻野師「コーナーが4回のコースが課題」/ねぇさんのトレセン密着

  • 2021年07月17日(土) 20時29分
 ロータスランドの写真を探していたら、2019年冬のものがありました。角居厩舎時代のもので、引っ張っているのはウオッカを担当していたことで知られる中田厩務員ですね。角居厩舎があったのが、すごく昔のことのように感じます…。

 新型コロナウィルスの感染拡大防止の観点から、新型コロナウィルス出現以前のようにはまだまだならず、思い通りにならないことばかりですが…。それでも取材をさせていただいているだけ、本当に有難いです。

 栗東トレセンでは来週、ワクチンの職域接種が行われます。まだまだ油断できませんが、少しでも状況が好転することを願います。

 中京記念に出走するロータスランドですが今は辻野厩舎で管理されており、中田さんは違う厩舎の所属へ。新馬のころから辻野師はロータスランドについてコメントしていますが、当時からずっと「ポテンシャルが高く、センスがいい」のが彼女の長所として話しています。

「ツメの不安が解消して、痛いところがなくなったのが今の成績に繋がっていると思います。コーナーが4回ある小倉芝1800mコースが課題ですが、センスのよさからこなしてくれるでしょう」

 ちなみに、ロータスランドの重賞挑戦はデビュー3戦目の阪神JF以来2回目になります。あ、この写真はその頃のものですね。体はこの頃から比べるとひとまわりくらい大きくなっています。懐かしいです。

(取材・文:花岡貴子)

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す