スマートフォン版へ

【函館記念レース後コメント】トーセンスーリヤ横山和生騎手ら

  • 2021年07月18日(日) 18時45分
函館11Rの第57回函館記念(3歳以上GIII・芝2000m)は2番人気トーセンスーリヤ(横山和生騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分58秒7(良)。3馬身差の2着に14番人気アイスバブル、さらにハナ差の3着に12番人気バイオスパークが入った。

トーセンスーリヤは美浦・小野次郎厩舎の6歳牡馬で、父ローエングリン母トーセンガラシャ(母の父デュランダル)。通算成績は34戦6勝。

レース後のコメント
1着 トーセンスーリヤ(横山和生騎手)
「これといったレースプランは決めていませんでした。スタートを決めて、周りも流れていったので、リズム良くイメージ通りに運べました。

 具合の良さが中間の調教からも伝わってきていたので、自分が焦らなければ、と思っていました。直線で抜け出してからも交わされることはないと思いました。再び、この馬と重賞を勝てて、とても嬉しいです」

2着 アイスバブル(水口優也騎手)
「重賞でもよく来てくれました。洋芝も合っています。内枠で本当はもう一つ前の位置を取りたかったのですが、脚を溜めた分、良い脚を使ってくれました。よく頑張っています」

3着 バイオスパーク(池添謙一騎手)
「外枠でも良い位置が取れました。久々の競馬でも良いレースが出来ました」

4着 ディアマンミノル(泉谷楓真騎手)
「直線で大外を通っていたので、来てはいましたが、きつくなりました。重賞でもやれる所は見せてくれましたが、今日はロスが痛かったです」

5着 サトノエルドール(亀田温心騎手)
「人気馬を見つつ行ければと思っていました。スタートは思った通り出ましたし、行きっぷりも良かったです。最後はバイオスパークと同じ脚色になりましたが、内と外の差もあったと思います。頑張ってくれました」

7着 ワールドウインズ(武豊騎手)
「やりたいレースは出来ました。ただ、4コーナーで手応えが薄くなりました。ちょっとハンデもきつかったかもしれません」

9着 カフェファラオ(C.ルメール騎手)
「距離や芝は大丈夫でした。しかし、1番枠で狭くなってしまいました。彼は狭くなると気にしてしまう馬なので、それがなければ、もっと良い競馬になったと思います」

ラジオNIKKEI

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す