スマートフォン版へ

母は独オークスの勝ち馬 ウェストファリアが戸崎圭太騎手でデビュー/関東馬メイクデビュー情報

  • 2021年07月19日(月) 18時34分
 今週からの3週間はオリンピックの期間中に伴い、新潟と函館の2場開催になる。新潟には東西の血統馬が揃うため、ハイレベルのメンバーになりそう。未勝利戦も含め、2歳戦が熱くなる。

【7月24日(土) 新潟芝1600m】

ウェストファリア(牝、父ディープインパクト母フィオドラ、美浦・手塚貴久厩舎)

 母は独オークスの勝ち馬。現4歳の半兄リメンバーメモリーは2勝している。ゲート試験に合格後は山元トレーニングセンターで乗り込み、6月22日に再入厩。

 先週の追い切りは古馬と併せ、余力十分に併入した。小柄な牝馬で仕上がり自体は順調だ。「馬体重は400キロを切るけど、コンパクトな体つきで幅があるし、走らせると数字ほどの小ささを感じさせない。よく動けているし、ジョッキーの感触もいい。軽い芝が合うと思うし、ためが利けば切れる脚を使えそうなイメージです」と手塚貴久調教師。

 鞍上は戸崎圭太騎手を予定している。

【7月25日(日) 新潟芝1800m】

レヴァンジル(牡、父ドゥラメンテ母トゥリフォー、美浦・堀宣行厩舎)

 母は仏G3・オマール賞の勝ち馬。5月下旬に入厩し、ゲート試験に合格してからも在厩したまま調教を進めてきた。

 6月24日からウッドチップコースで時計を出し始め、常に年長馬と併せている。追走させたり、先行したりと様々なパターンで追い切りの本数を重ねており、この新潟開催を目標に態勢を整えてきた。しっかりと負荷をかけられており、ポテンシャルの高さを感じさせる。

 僚馬のコリエンテス(牡、父ディープインパクト母イスパニダ)は福島開催中のデビューを予定していたが、先週のレースを抽選で除外(非当選)になった。今週も含め、騎手の状況などを見ながら仕切り直しのデビュー戦を検討していくことになりそうだ。

【7月24日(土) 函館ダート1700m】

ポイズンアロウ(牡、父Arrogate母Crosswinds、美浦・藤沢和雄厩舎)

 昨年のキーンランドセプテンバーセールに上場され、オーナーの長谷川祐司氏が75万ドルで落札した米国産馬。祖母のFluteはケンタッキーオークスなど米G1を2勝している。

 2月に入厩し、ゲート試験に合格後も美浦で入念に乗り込んだ。当初は6月の東京で使うプランもあったが、この北海道開催に切り替えた。「長く乗り込み、入厩した当初に比べると心身ともに成長している。大型馬でパワーがあるし、ダート向きのスピードタイプだと思います」と千島調教助手。

 鞍上は横山武史騎手を予定している。

【7月25日(日) 函館芝1800m】

コスモルーテウス(牡、父ロージズインメイ母ミルルーテウス、美浦・田中博康厩舎)

 現5歳の半兄コスモカレンドゥラはオープンクラスに在籍。5歳上の半姉ハットラブもオープン入りした。伯父にはフジキセキがいる。

 美浦で乗り込んでから函館に移動。先週の追い切りは本馬場に入れ、3歳未勝利馬を追走して併入している。「輸送後も順調で洋芝は合いそう。動き自体もいいし、モノは良さそうです」と田中博康調教師。

 鞍上は丹内祐次騎手を予定している。

(取材・文:竹之内元)

みんなのコメント

【重要】コミュニティ健全化の取り組みについて

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す