スマートフォン版へ

ディープスカイが3頭目の受け入れ馬に ナイスネイチャ・33歳のバースデードネーションで

  • 2021年07月21日(水) 18時10分
 引退馬協会事務局は21日、『ナイスネイチャ・33歳のバースデードネーション』による3頭目の受け入れ馬が、ディープスカイに決定したことを発表した。

 ディープスカイ父アグネスタキオン、母アビ、母の父Chief's Crownという血統。現役時代はJRA・栗東の昆貢厩舎に所属。

 初勝利までには6戦を要したが、その3戦後、2008年の毎日杯(GIII)で重賞初制覇。さらに続くNHKマイル(GI)、日本ダービー(GI)も連勝。“変則二冠”に加え、鞍上の四位洋文騎手は前年のウオッカに続く、騎手史上2人目のダービー連覇を達成した。

 その後は2008年の神戸新聞杯(GII)を最後に勝ち星はあげられなかったものの、ウオッカダイワスカーレットなど日本競馬史に残る名牝・名馬たちと熱戦を繰り広げた。

 2009年に現役を引退し、翌年から種牡馬入り。産駒には芝ダートで重賞を制したクリンチャー、2017年アンタレスS(GIII)覇者モルトベーネなどがいる。

 現在のけい養先はイーストスタッド。健康診断と去勢手術を行ったうえ、秋に受け入れ先の施設に移動する予定。最終けい養先は決定次第、発表されるとのこと。

ナイスネイチャ・33歳のバースデードネーション』では先に、繁殖馬を引退したマンダララサマーナイトシティが、引退馬協会の受け入れ馬となることが発表されている。

※現在イーストスタッドでは新型コロナ感染症拡大防止のため、見学者の受け入れをしておりません。問い合わせ等も施設側の負担になりますので、ご遠慮くださいますようお願いいたします。

(認定NPO法人引退馬協会のホームページより)

みんなのコメント

【重要】コミュニティ健全化の取り組みについて

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す