スマートフォン版へ

【本日の注目ポイント】重賞は新潟JS 田辺騎手らは区切りの勝利までわずか

  • 2021年07月31日(土) 09時00分
 7/31(土)は新潟・函館の2場開催。30日正午の馬場発表は2場いずれも芝・ダート共に良。31日の天気は新潟が晴れ、函館が曇りのち晴れの予報となっている。

フォイヤーヴェルク新潟JSの連覇狙う
 新潟8Rは障害3250mの新潟ジャンプS(JGIII)。昨年の覇者フォイヤーヴェルクが連覇をかけて出走する。鞍上は白浜雄造騎手。他にも、前走の東京ジャンプSスマートアペックスの2着だったホッコーメヴィウス、障害未勝利、障害オープンと連勝中のサーブルオール、前走の障害未勝利を逃げ切ったハルクンノテソーロなどがスタンバイ。

■新潟11R・佐渡Sにアナザーリリックなど
 新潟11Rは芝1800mの佐渡S(3勝)。5月のNHKマイルC・7着以来となる3歳牝馬アナザーリリックが出走。自己条件で巻き返しを期待。他にも、デビュー以来3着を一度しか外していないアオイクレアトール、前走2勝クラスを勝った良血ゴルトベルクなど。

■函館11R・STV杯にルビーカサブランカなど
 函館11Rは芝2000mのSTV杯(3勝)。堅実駆けしている良血ルビーカサブランカは54kg、前走の五稜郭Sで2着だったサクラトゥジュールは56kg、2走前の御堂筋Sで3着の実績を残しているヒシゲッコウは55kgのハンデで出走。

■新潟5Rでラブカンプー半妹らがデビュー
 新潟5Rは芝1600mの新馬戦。きょうだいにラブカンプーキングハートがいるカレンブラックヒル産駒ラブカヒルーが、松山弘平騎手を背にデビュー。他にも、調教で好気配をうかがわせたシエロフェイス、坂路の追い切りで鋭い動きを見せていたダイワメジャー産駒ルクスラピッドなど。

■新潟6Rの新馬戦にジャスティンヴェルなど
 新潟6Rは芝1200mの新馬戦。中間の動きが良く、初戦から期待できそうなドゥラメンテ産駒のジャスティンヴェル、新種牡馬ビッグアーサーの産駒ザンゲツ、順調に仕上がっている新種牡馬イスラボニータ産駒ロッホローモンドなどが初陣を迎える。

■函館5Rの新馬戦はソリッドグロウに注目
 函館5Rは芝1200mの新馬戦。ダイワメジャー産駒牝馬ソリッドグロウに注目したい。全兄に昨年の京王杯2歳S覇者モントライゼがいる血統で、函館入り後も順調に乗り込まれてきた。横山武史騎手を背にデビュー勝ちなるか。

田辺裕信騎手らが区切りの勝利まであとわずか
 田辺裕信騎手JRA通算1000勝まであと1勝で、本日は新潟で5鞍に騎乗。三浦皇成騎手JRA通算900勝まであと2勝で、本日は新潟で8鞍に騎乗。藤懸貴志騎手JRA通算100勝まであと1勝で、本日は新潟で4鞍に騎乗する。

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す