スマートフォン版へ

【英G2・キングジョージS】4連覇中バターシュが7着に敗戦、3歳牝馬スエザがV/海外競馬レース結果

  • 2021年07月31日(土) 12時39分
 現地時間30日、イギリスのグッドウッド競馬場でG2・キングジョージステークス(3歳上・芝直線1000m・13頭立て)が行われた。

 道中は外寄りの後方を追走した4番人気スエザ(Suesa、牝3、W.ビュイック騎手)は、進路が開けるとさらに外に持ち出されスパート。

 ラスト200m過ぎから一気に後続を突き放し、2着の2番人気ドラゴンシンボル(Dragon Symbol、牡3、O.マーフィー騎手)に3馬身差の完勝を収めた。勝ちタイムは59秒35(稍重)。

 このレース4連覇中の1番人気バターシュ(Battaash、セ7、J.クローリー騎手)は、内寄りの先団でレースを主導したが、粘りを欠いて7着に敗れた。

 スエザは父Night of Thunder(その父Dubawi)、母Sally Is The Boss、母の父Orpenという血統。フランスのF.ロオー厩舎の管理馬。

 通算成績は6戦5勝。重賞は今年のシギー賞、テクサニタ賞(ともに仏G3)に次いで3勝目。唯一の敗戦は前走のコモンウェルスC(英G1)で、1番人気8着だった。

 2着のドラゴンシンボルは窪田芳郎氏の所有馬。デビューから4連勝して以降、コモンウェルスCの1位入線→2着降着を含め、重賞で4連続2着となっている。

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す