スマートフォン版へ

【麒麟山特別】(新潟) キタノインディが先手から押し切り連勝

  • 2021年07月31日(土) 16時23分
新潟9Rの麒麟山特別(3歳以上2勝クラス・ダート1800m)は8番人気キタノインディ(富田暁騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分52秒5(良)。クビ差の2着に2番人気ショウナンマリオ、さらに1馬身半差の3着に1番人気メイショウハクサンが入った。

キタノインディは栗東・吉田直弘厩舎の3歳牡馬で、父トーセンジョーダン母コリエドペルル(母の父アグネスタキオン)。通算成績は10戦3勝。

レース後のコメント

1着 キタノインディ(富田暁騎手)
「前走の勝ちっぷりが良かったので、同じ形を作れればと思っていました。先頭に立つとキョロキョロして遊びながら走っていて、まだ余力もありました。上のクラスでは楽に行けないでしょうし、課題はありますが能力は通用すると思います」

2着 ショウナンマリオ(松山弘平騎手)
「スタートを上手く出て、勝ち馬を見ながら良い位置でレースを進められました。甘い所があり、最後はそういった面が出てしまいました」

3着 メイショウハクサン(岩田望来騎手)
「砂を嫌がって進んで行かなかったのですが、最後は良い脚で追い込んでくれました。このクラスで通用する力はあると思います」

5着 フラッシングジェム(鮫島克駿騎手)
「集中力に欠けるタイプと感じ、先生とも相談してなるべく馬群でプレッシャーのかかる位置で競馬をしました。ハミを取って走ってくれましたし、内容的に良かったと思います」

ラジオNIKKEI

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す