スマートフォン版へ

【クイーンSレース後コメント】テルツェット C.ルメール騎手ら

  • 2021年08月01日(日) 21時46分
函館11Rの第69回クイーンステークス(3歳以上GIII・牝馬・芝1800m)は3番人気テルツェット(C.ルメール騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分47秒8(良)。クビ差の2着に1番人気マジックキャッスル、さらにクビ差の3着に8番人気サトノセシルが入った。

テルツェットは美浦・和田正一郎厩舎の4歳牝馬で、父ディープインパクト母ラッドルチェンド(母の父Danehill Dancer)。通算成績は8戦6勝。

レース後のコメント
1着 テルツェット(C.ルメール騎手)
「ずっと良い感じでした。いつも通りスタートから後ろの方になりました。それから冷静に走ってくれましたし、リズムも良かったし、手応えも良かったです。直線は前の馬が良く動いていたので、ゴールまで良い目標にすることが出来ました。彼女はすごく良い脚で頑張ってくれました。最後、能力を発揮してくれました。昨年の夏から今年の春にかけて4連勝しました。GIでは難しかったのですが、パワーアップしたら、秋は楽しみです」

(和田正一郎調教師)
「馬群の中を上手くぬって誘導してくれました。馬自身も怯まずに応えて頑張ってくれました。馬場の先出しをさせてもらった分、前走よりもだいぶ良かったです。ゲートの駐立も良かったです。精神面でも良かったです。(雨は)全く問題なく走れていました」

2着 マジックキャッスル(戸崎圭太騎手)
「思ったよりもゲートを出て、位置を取れましたし、具合の良さを感じました。道中は、少しいつもよりのめっている感じがありました。ペースが上がって出し気味になりましたが、4コーナー手前ぐらいで余裕を持って上がれれば良かったです」

3着 サトノセシル(大野拓弥騎手)
「イメージよりも後ろになりましたが、馬の後ろでなんとか我慢してくれました。タフな馬場も苦にしなかったと思います。格上挑戦で頑張ってくれたと思います」

4着 フェアリーポルカ(三浦皇成騎手)
「思い描いたレースが出来ました。キレる馬ではないですし、馬場的にもある程度の位置は欲しいと思っていました。楽にポジションを取れました。他がもたつく所でいかにリードを取るかと思って、直線で先頭に立ちましたが、他の馬のキレにやられました。久々に乗せてもらいましたが、力をつけています」

5着 クラヴァシュドール(藤岡佑介騎手)
「終始手応え良く、狭い所も割ってくれました。復調気配と滞在効果があったと思います」

6着 ローザノワール(国分恭介騎手)
「逃げるのが大前提だったので、そこに集中していました。並ばれると怯むところがあるので、一頭で、馬のリズムで逃げようと思っていました。4コーナーでは反応したので踏ん張れそうかなと思いましたが、苦しくなって右へモタれてしまいました。それでもよく頑張ってくれました」

8着 ウインマイティー(M.デムーロ騎手)
「スタートしてから後ろになりました。1,2コーナーではハミを取って、手応えが良かったですし、3,4コーナーでも良い感じでした。もう少し伸びるかなと思いましたが、思ったほど伸びませんでした」

9着 シャムロックヒル(団野大成騎手)
「1800mだと少しせかして行かないといけないので、自分のリズムで行くのが難しかったです。斤量が少し影響したでしょうか」

10着 シゲルピンクダイヤ(和田竜二騎手)
「無理せず良い所につけられましたが、1コーナーからずっと内にささりっぱなしでした。そういう所があります。雰囲気や具合は良かったのですが、右回りではモタれてしまいます」

11着 ドナアトラエンテ(川田将雅騎手)
「3コーナーで手応えがなくなって、ついていけなくなりました」

ラジオNIKKEI

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す