スマートフォン版へ

【エルムS】タイムフライヤー“不安一走”武豊指摘の課題修正「理想通りの追い切り」

  • 2021年08月05日(木) 06時00分
 「エルムS・G3」(8日、函館)

 連覇を狙うタイムフライヤーが4日、函館ダートで軽快な動きを披露した。1週前追い時に武豊から指摘された課題をきっちり修正。1年ぶりの復活Vに向けて態勢は整った。

 与えられた課題はしっかりとクリアした。2020年の覇者タイムフライヤーは函館ダートを単走で追われ、5F69秒9-38秒5-11秒7をマーク。直線で鋭い伸びを披露し、状態の良さをアピールした。

 1週前追い切りに騎乗した武豊が気になる点を指摘。五十嵐助手は「先週、武さんに“右にモタれて、その分、手前を変えなかった”と言われたので、そこを確認しながら乗りました。しっかりと手前を変えてくれたし、理想通りの追い切りができました」と納得の調整に笑顔を見せた。

 前走のマリーンSは12着。2番手からの競馬となり道中で前に壁をつくれず、直線で失速した。同助手は「ためる競馬が合っている馬ですからね。大外枠で気分良く行ってしまった。一瞬の脚を1角で使ってしまった感じです」と敗因を分析。決してあれが本来の姿ではなく、じっくり脚をためられれば、ラストでいい脚を使ってくれると信じている。

 解散した松田国英厩舎から引き継ぎ、今回が転厩3戦目。課題克服に努めてきた成果は着実に現れている。「前走で改めてこの馬の難しさを確認できました。今回は結果が欲しいです」とVを期待。1年ぶりの勝利へ向かって、ディフェンディングチャンピオンがまい進する。

提供:デイリースポーツ

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す