スマートフォン版へ

【盛岡・クラスターC結果】リュウノユキナが内から差し切り3馬身差快勝、柴田善Jは2日連続重賞V!

  • 2021年08月09日(月) 16時44分
 9日、盛岡競馬場で行われた第26回クラスターC(3歳上・JpnIII・ダ1200m・1着賞金2300万円)は、好位集団の後ろでレースを進めた柴田善臣騎手騎乗の1番人気リュウノユキナ(牡6、美浦・小野次郎厩舎)が、直線でロスなく内を通って前の各馬を差し切り、前々で粘った5番人気サイクロトロン(牡4、栗東・音無秀孝厩舎)に3馬身差をつけ優勝した。勝ちタイムは1分11秒1(良)。

 さらに2馬身差の3着に2番人気ヒロシゲゴールド(牡6、栗東・北出成人厩舎)が入った。なお、3番人気マテラスカイ(牡7、栗東・森秀行厩舎)は5着に終わった。

 勝ったリュウノユキナは、父ヴァーミリアン母ネオカラーその父クロフネという血統。4月の東京スプリントに続く重賞2勝目を飾った。

 鞍上の柴田善臣騎手は、昨日レパードSを制してJRA重賞最年長勝利記録を更新したばかり。見事2日連続の重賞制覇となった。

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す