スマートフォン版へ

【キーンランドC】メイケイエール 汚名返上 桜花賞は“大暴走”距離短縮で活路

  • 2021年08月24日(火) 12時02分
 「キーンランドC・G3」(29日、札幌)

 桜花賞での“大暴走”から4カ月半-。スプリント路線に活躍の場を求めて、メイケイエールが札幌の地にやってきた。

 21年初戦のチューリップ賞こそ折り合いを欠きながらもしぶとく踏ん張り、1着同着で3度目の重賞制覇を達成。ただ、3番人気で迎えた桜花賞で暗転。主戦の武豊がけがで騎乗できず、ベテラン横山典にバトンが託されたが、出負け→制御不能から3角過ぎに一気に先頭へ。直線では余力なく失速し、最下位18着に沈んだ。

 それを受けて、陣営は距離短縮を選択。桜花賞でのハミ受け不良により課せられた平地調教再審査も、19日に無事パスした。騎乗した武豊は「久しぶりに乗りましたが、落ち着いていました。いいテンションで走っていたし、いい調教をされているなという印象。動きも良く、さすがのフットワークでしたよ」と好感触を口にした。

 間隔をあけたことでリフレッシュに成功。見守った武英師も「牧場の方で一生懸命やってもらい、テンションが見違えるほど良くなりました。千二を使うことで、ここから競馬を覚えていければ」と手応えをにじませる。

 芝1200メートルは小倉2歳S勝ちを含む2戦2勝。「本来はマイルまでなら大丈夫だと思うけど、どうしても全力で走ってしまう。その意味でも、千二の方が制御はしやすいかな。油断はできないけど、ポテンシャルの高さは一級品だから」と主戦。どん底を味わった素質馬が心機一転、北の大地で華麗な復活劇を披露する。

提供:デイリースポーツ

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す