スマートフォン版へ

【日高S】(札幌) ファーストフォリオが一瞬の脚で差し切りOP入り

  • 2021年09月04日(土) 18時26分
札幌12Rの日高ステークス(3歳以上3勝クラス・芝1500m)は2番人気ファーストフォリオ(C.ルメール騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分28秒6(良)。半馬身差の2着に1番人気シュバルツカイザー、さらに3/4馬身差の3着に7番人気インテンスライトが入った。

ファーストフォリオは栗東・須貝尚介厩舎の4歳牝馬で、父キングカメハメハ母シーザリオ(母の父スペシャルウィーク)。通算成績は13戦4勝。

レース後のコメント
1着 ファーストフォリオ(C.ルメール騎手)
「距離を延ばしましたが、ずっと冷静に走っていました。良い瞬発力で前の馬をとらえました。スピードがありますが、道中我慢が必要なタイプです」

2着 シュバルツカイザー(大野拓弥騎手)
「昇級戦でしたが、良い形で競馬ができました。だいぶ競馬が上手になり、課題が減ってきていて、成長を感じます」

3着 インテンスライト(菊沢一樹騎手)
「このクラスでもやれる力があることを示してくれました。良いリズムで洋芝の1500mをこなしてくれましたが、上位2頭には内から上手く乗られてしまいました」

ラジオNIKKEI

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す