スマートフォン版へ

【勝負の分かれ目 新潟記念】デムーロ騎手が千直のような形に持ち込み、マイネルファンロンが重賞初制覇

  • 2021年09月05日(日) 18時03分
 ゲートが開くと、3番ショウナンバルディが押し出されるようにハナに立ち、11番ラインベック、7番マイネルサーパス、8番ギベオンらがつづいた。1番人気のザダルは中団馬群のなか。直後の外に3番人気のトーセンスーリヤ、3馬身ほど後ろに2番人気のクラヴェルと、人気どころは中団より後ろに集まっている。

 テン乗りのミルコ・デムーロが騎乗する12番人気のマイネルファンロンは、クラヴェルからさらに3馬身ほど後ろの外目で脚を溜めている。「スタートでちょっと躓いて、後ろからになりました。ほかの馬から離れていて、リズムがとてもよかった」とデムーロ。

 先頭から最後方まで10馬身ほどと、馬群は比較的かたまった状態で3コーナーへと入って行く。1000m通過は1分ちょうど。この数字と、馬群のかたまり方を見るとスローかと思われた。

 ショウナンバルディが先頭のまま4コーナーを回り、直線へ。ラスト600m付近から各馬が動き出し、17頭は内から外まで大きく横にひろがった。ラスト400m付近でも、まだ内から4、5頭目のショウナンバルディが先頭をキープしている。大きく離れた外から、トーセンスーリヤがジワジワと伸びてくる。それをかわすべく、直後にいたクラヴェルが、やや内に進路を切り替えた。

 クラヴェルの外にいたマイネルファンロンは、さらに外に持ち出されてスパートをかけた。ステッキを素早く左右に持ち替えるデムーロの叱咤に応えて外埒沿いを走り、2着のトーセンスーリヤより半馬身前に出たところがゴールだった。

「直線はいいところに連れてきて(誘導できて)、最後までずっと頑張っていた」そう振り返ったデムーロが、腹を括った騎乗で千直のゴール前のような形に持ち込み、見事に勝ち切った。

 3年前のスプリングステークスでは3着、2年前の函館記念では2着と、重賞まであと一歩のところまで来ていたマイネルファンロンにとって、これが嬉しい重賞初制覇であった。

 3着はクラヴェル、4着はヤシャマルと、道中は中団から後方に控えた馬が上位に来た。5着のラインベック以外の先行馬が軒並み沈んだところを見ると、数字以上にタフな流れで、特に、馬場の内目を進んだ馬にとってはキツい競馬だったのかもしれない。

(文:島田明宏)

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す