スマートフォン版へ

【地方競馬】ブロードアピールの最後の仔ビービーミューズが亡き母に捧げる勝利

  • 2021年09月08日(水) 21時40分
 2000年根岸Sなど重賞6勝(交流重賞含む)を挙げた名牝ブロードアピールの仔ビービーミューズ(牝3、北海道・桜井拓章厩舎)が8日、門別9R3歳以上C4-2(ダ1000m・12頭立て)で1番人気に応えて勝利。勝ちタイムは1分1秒8(重)。

 同馬は父ビービーガルダン(その父チーフベアハート)、母の父Broad Brushという血統。通算成績は8戦3勝で、現在3連勝中。

 母ブロードアピールディープインパクトの馬主として知られる金子真人オーナーの初期の活躍馬で、2000年シルクロードSや2002年ガーネットSなど芝・ダート問わず活躍。強烈な末脚で多くのファンを魅了し、なかでも2000年の根岸Sで演じた直線一気の豪脚は、ファンのあいだで今でも語り草となっている。

 2019年に繁殖を引退してからはYogiboヴェルサイユリゾートファームで余生を送っていたが、本日、老衰により27歳で息を引き取っており、孝行娘の勝利は天国の母に捧げる勝利となった。

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す